我が家の三男坊@ちびすけ(チッコたれちーちゃん)です!ジアルジア&トリコモナスを撃退し、元気一杯の毎日を送ってま~す(*^▽^*)


by miyudoi2

<   2005年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

気合を入れなおして!!

今日もまた獣医さんへ行ってきました。
7月下旬から、なんと8回目の受診です・・・・(;´ー`)

ちーちゃんの状態ですが、前回と同じくシストが出てました。
いまだにウンチが日替わり状態なのは、便検査では発見されなくても
小腸の中にヘキサミタの栄養体が存在しているからでしょうと言われました。
でも、ウンチは柔らかくても、ちーちゃんの体調はすこぶる良好だそうです!
ただ今駆虫薬を休止中なのですが、それにもかかわらず
下痢ピーがそれほどひどくなっていないということは
ちーちゃんとヘキサミタが、互角に闘っているということだそうです。
もしかしたら、以前の状態に戻る可能性もあるかもしれませんよ・・・
と先生に励まされました !ヤッホ~ッ\(@^o^)/
ここはひとつ、気合を入れなおして頑張らねば!・・・と言うことで
ちーちゃんに「必勝ハチマキ」をプレゼントしてみました(爆笑)
c0004601_17473460.jpg
うふふ・・・ちーちゃんも やる気まんまんです!
闘う男の顔ですよ~~(^з^)-☆

皆さんにいただいたコメント、レスをつけることができずゴメンなさい。
いっぱい元気を貰っております、本当にありがとう~(≧∇≦)
[PR]
by miyudoi2 | 2005-09-23 17:53

堂々たる・・・(^^ゞ

c0004601_10131422.jpg
今朝のちーちゃん、
ウンチ君がかなり良い状態で直立しています(爆)
あまりに嬉しいので画像を載せてみました。
朝っぱらからすいませ~~ん /(〃'∇'〃)ヽ

ヘキサミタのことが全然わからず、頭の中がグチャグチャだったのですが、
直立ウンチに励まされたので、今わかっているコトを書き出してみますね。

ハムスターの下痢の原因として、消化管内寄生虫・細菌・ウィルス・カビなど
さまざまなものがありますが、今回うちの子の場合は
消化管内寄生虫(ヘキサミタ)が原因でした。

寄生虫は、多細胞生物の寄生虫(蠕虫類)と、単細胞生物の寄生虫(原虫)とに分類され、蠕虫類の中には、条虫や線虫(縮小条虫や小型条虫、ネズミ盲腸暁虫など)がいます。原虫の方は、アメーバ類・胞子虫類・線毛虫類・鞭毛虫類などに分類され、ちーちゃんのヘキサミタはジアルジアやトリコモナスと同じく鞭毛虫類で、ジアルジアとは同じディプロモナス目に属し、いわゆる親戚関係だそうです。

ヘキサミタの場合、動きのある状態の成虫(栄養体)の時に分裂増殖し、悪さをするので、この栄養体の状態の時に駆虫薬を投与すればかなりの効果があるのですが、薬が体へと入ると、栄養体はシストと呼ばれる殻をかぶった状態になり、こうなると駆虫薬はほとんど効果がないのだとか。とにかく、やっかいな寄生虫で、完全駆虫するのは不可能に近いそうです・・・・。治療法としては、メトロニダゾールという駆虫薬を効果的に飲ませること、免疫力をアップして体力をつけること、だと言われています。

ヘキサミタの感染経路は、シストに汚染された餌、水、食糞などによる経口感染です。我が家は単独飼育なので、ちーちゃんはペットショップで感染したものと思われます。今までずっと無症状なキャリアだったけれど、何らかの原因で今回ヘキサミタが増殖し、ついに発症してしまったんでしょうね。本当に本当に残念です。

人には感染しませんが、人の手を介して他の動物に感染したりすることがあるので、お世話をする前後は薬用石鹸でザブザブと手を洗っています。もちろん、ちーちゃんのケージ、巣箱は徹底的にお掃除し、床材、巣材は神経質なほどに清潔を保っています。せっかくヘキサミタが減っても、万が一食糞されたら台無しですもんね。
完全駆虫は無理としても、ヘキサミタのキャリアとして症状がでない状態にまで持っていければ万々歳だと思っています。予後はあまり良くないそうですが、ちーちゃんは運の良い子なので、まだまだ希望を捨ててはいませんよ~(^^ゞ

ペットショップから新しくハムちゃんをお迎えする時は、
その子の置かれている環境をよ~くよ~く確認してあげて下さい。
うちの場合、ちーちゃんをひっくり返してお尻をじっくり観察し、これなら大丈夫!と確信を持ってお迎えしたのですが、すぐに柔らかいウンチが出るようになり、お迎えした翌日からジアルジア&トリコモナスの治療を開始することになりました。今回、ヘキサミタのお土産まで持参していたことが判明し、トホホな気分です(;´ー`)でも、あれだけチェックしたのに病気に気づかなかったんですから、きっとちーちゃんは何が何でもうちの子になりたかったのね、と思ってます(苦笑)

ダラダラと軟便が続き、抗生物質がなかなか効かない
・・・というハムちゃんがいましたら、寄生虫も疑ってみてくださいね。
その際、なかなか虫が発見できないことがあります。
うちは5度目の便検査でやっとヘキサミタの栄養体が発見されましたから。
寄生虫にもいろいろ種類があり、それぞれに合った駆虫薬を飲む必要があります。ハムスターに詳しい獣医さんを受診すること、これが最も重要なポイントですよ☆
[PR]
by miyudoi2 | 2005-09-22 10:29

ロックシンガー?!

c0004601_12415866.jpg
みんな~っ!ノッてまちゅか~?!
・・・・・・・
ロックシンガーばりにシャウトしているちーちゃん、
目を閉じて、完璧に自分の世界に陶酔しちゃってますねぇ☆
ちーちゃん、自分が病気だってことを認識してる?(^^;
もう・・・根っからのお笑い系ハムスターなんだから~(爆笑)

ちーちゃんのマイクは、大好物の「煮干」です(≧・・≦)
これがもう・・・好きで好きでたまりません!!
c0004601_12482845.jpg
かかりつけの獣医さんのアドバイスに背いて、
最近はちーちゃんに好きなものを食べさせています(^^ゞ
ペレットだけを食べさせるのが正解なのかもしれませんけれど、
今のちーちゃんから、食の楽しみを奪うのは残酷なような気がして・・・。
好きなものを好きなように食べさせているせいか、
ちーちゃんは一時期に比べてかなりプリプリしてきました(笑)

この先のことをいろいろ思い悩んでいた私ですが
ちーちゃんのご機嫌な顔を見ていると どうでも良くなってきちゃいました!!
今この瞬間、ちーちゃんは絶対に幸せですよねっ(≧∇≦)
[PR]
by miyudoi2 | 2005-09-21 13:01

頑張ってます!

金曜日にまた獣医さんに行ってきました。
前回と同じく、ウンチからヘキサミタのシストが出ました(×。×)

ヘキサミタは、「シスト」と呼ばれる殻をかぶった状態になると
いくら薬を飲んでも効果がないそうです。
なので、これから2週間ほどは駆虫薬を休止して
ちーちゃんの免疫力アップにせっせと励むことになりました。
獣医さんによると、ちーちゃんは毛艶も良く、
まだまだ体力があるので、気長に治療しましょうとのことでした。
相変わらず柔らかウンチが続いているので
薬を中止するのはかなり不安ですが、かかりつけの獣医さんの
方針に従って頑張ろうと思っています。

naokoさんに紹介していただいた、ぽんにゃ先生の掲示板で
ちーちゃんの病気について相談してみたところ
やはりヘキサミタを完全駆除するのはとても困難で、
しかも、予後はあまり良くないとのお答えをいただきました(涙)

あとどれくらい ちーちゃんと一緒にいることができるのか?
と考えると、果てしなく落ち込んでしまうので、考えないようにしています。
お腹にたくさんの虫を持ったちーちゃんが、今まで元気でいてくれたこと、
これは本当に幸せだったなあ・・と思います(*^-^*)
我が家にお迎えして10ヶ月足らず、お別れするには早すぎますよね。
ちーちゃんは運の良い子なので、ヘキサミタを退治してしまうかもしれません!
母ちゃんの愛だけでは病気は治せませんが、
ちーちゃんの闘病のサポートはできますから頑張りますよ~☆
c0004601_1731615.jpg
相変わらず可愛いお顔でリンゴを食べております(≧∇≦)
体重も40グラムに戻り、ほっぺにお弁当も入ってま~すvvv
[PR]
by miyudoi2 | 2005-09-18 17:08
ちーちゃんの下痢の原因がわかりました!
『ヘキサミタ』という寄生虫(原虫)がお腹の中にいるそうです(×■×)
ちーちゃんは子供の頃、ジアルジアとトリコモナスに感染していたため
今回もそれの再発を疑っていたのですが、意外な敵の出現に
獣医さんもびっくりされていました・・・・。
このヘキサミタという寄生虫は、オカメインコの発症例が多く、
ハムスターの感染例はあまりないそうです。
とても感染力が強く、完全に駆除するのが難しい寄生虫で
今のところ絶対に効くという特効薬がないのだとか。

現在のちーちゃんの状態ですが、食欲はまあまあ、元気もまあまあ、
・・・という感じです(汗)
駆虫薬と宮入菌、免疫力をアップするお薬を飲んで様子を見ていますが
ウンチが柔らかくなったり、下痢っぽくなったり、良いものが出たり
をクルクルと日替わりで繰り返しています。
2週間前に受診した際は、ヘキサミタの栄養体(虫)が見つかったのですが、
先週受診した時はシスト(さなぎ)が何個か見つかりました。
これは薬の効果があったという証拠だそうです。
でも、薬を飲み続けると肝臓に負担がかるので、今週いっぱい様子を見て
いったん駆虫薬を打ち切る予定になっています。
シストを駆除するのはとても困難で、どこまで減らすことができるのか
獣医さんにも予測がつかないと言われました。
原因が判明して少しホッとしましたが、厳しい現実にガックリ・・・(苦笑)
もし今回、ヘキサミタを無理矢理に抑え込めたとしても、
ちーちゃんが老ハムになって免疫力が低下したら、
活動を再開してちーちゃんにダメージを与える可能性が高いようです。
この先のことを考えると頭が真っ白になっちゃいます。。。。

とにかく今は、お薬が効いて、ヘキサミタが減少するのを祈るばかりです。
ヘキサミタは経口感染なので、なにはさておき清潔第一だと思い
ちーちゃんの床材、巣材を頻繁に取り替え、巣箱は熱湯消毒しています。
お散歩に出たがるので、除菌スプレーと雑巾を持って
ちーちゃんの後をついてまわっている母ちゃんです・・・(大汗)
下痢ピーが始まってもう一ヶ月半になるのですが、
ちーちゃんは本当に良く頑張ってくれてますよ~!
この状態があとどれくらい続くか さっぱりわかりませんが
可愛いちーちゃんのため、一生懸命にお世話したいと思っています。

ヘキサミタについて、情報を持っていらっしゃる方がおられましたら
ぜひぜひ教えてやって下さいませ!!お願い致します。
こんな状況なので、せっかく書き込みしていただいたコメントにも
レスをつけることができません・・・本当にごめんなさい。
[PR]
by miyudoi2 | 2005-09-12 11:11